社会に関する関西のニュース:「成人になった日」|関西のニュースサイト-モーニングKANSAI

HOME

関西のニュースサイト-モーニングKANSAI > 政治 > 社会に関する関西のニュース:「成人になった日」

政治に関するニュース

社会に関する関西のニュース:「成人になった日」

2015年01月14日 13時46分


「成人になった日」について

以前まで、1月15日と決められていましたが、2000年から1月の第2月曜日ということになりました。成人式がある日が成人になったという日ですが、それは国が決めた事であって何でもしていいということにはならない。勘違いをしたまま成人していることに関してその良し悪しを今の大人がとやかく言うことは出来ないと思います。

 

「成人になった日」について思うこと

誰もが成人になれたことで喜んでいると思います。何をしても自由だと勘違いをしている人が大半だと思います。成人になった日というのは、自分の全ての行動が自分に振り返ってくることをしっかりと親に教えられていれば後悔をする子達は少なかったと思います。

 

「成人になった日」の今後の課題

今から成人になる人の為に、国や地域が一体となって節度を教えなければいけないと思います。毎年のように何かの問題が起こるということは世界に対して日本はこの程度の国です。地方行政の1つも管理できませんと公言している様なものです。来年も本年以前と変わらず何か問題が起きるのであればしっかりと見せつけをしなければいけない事を示さなければいけません。

 

「成人になった日」について専門家「富倉凪」が語る。

毎年の同じ地域で問題が起きています。それを大目に見ている事で、二十歳になってもまだ子供だと親の世代の人が保護していることが、今から大人になっていく人を駄目にしているのではないかと思います。

関連ニュース一覧

  • 社会に関する関西のニュース:「公務員給与上げ 世代や地域でメリハリが要る」

    「公務員給与上げ世代や地域でメリハリが要る」について公務員の給料が全国的に引き上げられていることが、今年の7月にわかった。これに対し、国は「震災復興から時間が経過したため、そろそろ給料を上げてもいいのではないかと思ったため、引き上げを行った。」と解説している。以前の消費増税の際にもそういうことがあり問題となった過去に起きた事を忘れて引き上げに挑む...

  • 社会に関する関西のニュース:「高校「近現代史」 興味ひく教科書と指導を」

    「高校「近現代史」興味ひく教科書と指導を」について日本の歴史は、幕末以降からのことを多くは教えられてきていません。戦時中ということもあり、今問題になっている領土の問題も関わってくるので政府は避けていたのかも知れませんが6年後に日本では2回目となる東京五輪が開催されるのでそれまでにはと新教材の実施を目指しています。「高校「近現代史」興味ひく教科書と...

  • 社会に関する関西のニュース:「老老介護 家族を悲劇から救え」

    「老老介護家族を悲劇から救え」について二人は「老老介護」をしていました。これは誰もが聞きたくない事件がまた起きてしまったのです。七十歳の妻が七十九歳の夫の頭を何度も殴りつけて死亡させるという事件です。介護に疲れてした行動と妻は話しています。通常の人でも辛い介護の仕事を年寄りが年寄りの相手をするにも限界があります。今回の事件はまだまだ起きてしまい...

  • 政治に関する関西のニュース:ロシアの大統領

    ロシアの大統領について2015年の今の段階で、世界で一番メジャーなニュースといえばロシアの大統領であるプーチン大統領の反対派の人達のいくつもの暗殺事件です。先日も野党政治家のボリス・ネムツォフさんが殺害されました。 ロシアの大統領について思うこと世界の2大大国アメリカとロシア(旧ソビエト連邦)の大統領は通常の国民が考えているよりも多くのことを深く広く考...

  • 社会に関する関西のニュース:新社会人の4月

    新社会人の4月について4月というのは社会に初めてでて会社に出勤をする新社会人がいます。純粋無垢で社会の流れなど全くわかっていない新社会人が試されるのがこの4月です。この4月の行動で今後の会社での行動が変化していくと言っても過言ではないかも知れません。何をするにしても初めてなので全てに対してフレッシュな感覚があると思います。誘惑と危険が多いのが4月だと...

  • 社会に関する関西のニュース:「カジノ法案 副作用が大きすぎる 」

    「カジノ法案副作用が大きすぎる」について日本の経済成長の為の「カジノ法案」は間違っている。アメリカや韓国にカジノはありますが、それで経済効果が上がっているという声は聞きません。むしろマイナスになっていると聞いたことがあります。皮算用で何十万の雇用が出来るといわれても皮算用は当てになりません。机上の空論と同じです。日本のギャンブル依存者が世界的に...

  • 社会に関する関西のニュース:土木下建築業界

    土木下建築業界について平成に入る前の昭和の90年代には、まだ土木関係の仕事を「力仕事」といって週末だけ働く若者が多く存在していました。その若者が30代になる頃の新しい20代には力仕事という言葉は無くなっていました。少量の雨の日であれば濡れながら作業をしていた若者の姿を今は見ることが出来なくなってしまいました。土木下建築業界について思うこと2012年に今ま...

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (C) 関西のニュースサイト-モーニングKANSAI