エンタメに関する関西のニュース:「昭和の象徴する俳優が逝く」|関西のニュースサイト-モーニングKANSAI

HOME

関西のニュースサイト-モーニングKANSAI > エンタメ > エンタメに関する関西のニュース:「昭和の象徴する俳優が逝く」

エンタメに関するニュース

エンタメに関する関西のニュース:「昭和の象徴する俳優が逝く」

2014年12月03日 11時04分


「昭和の象徴する俳優が逝く」について

昭和の銀幕のスター2人が亡くなる。

「昭和の象徴する俳優が逝く」について思うこと

本当に驚きました。時代が平成に変わっても昔からの銀幕のスターの輝きは変わりませんでした。2014年が終わりに差し掛かった時に昭和の1つの星である銀幕の大スターが天に召されました。その18日後に、もう1つの銀幕の大スターが同じように天に召されました。

「昭和の象徴する俳優が逝く」について夕刊現代宮島 智則が語る。

トラックで一躍有名になったことで、デコトラは男が運転する最高の車という認識がされたのは30年も前の話です。映画が野中だけではなくて、現実の世界までを引き込んだ俳優が亡くなってしまったことは本当に悲しいことだと思います。

「昭和の象徴する俳優が逝く」について芸能リポーター倉部 亨が語る。

ただただ人間の男の憧れであった俳優が亡くなったことを悲しんでいる人は、多すぎると思います。ただの憧れで終わらずに俳優の真似をして料理人になったり、芸能界に入ったりと大きく変わられたことだと思います。自分の人生をも変えた俳優のことを素晴しい人だった過去の人にされるのは少し悲しい気がします。

夕刊現代宮島 智則について

09’に向島大学の准教授になりその時の功績が認められて2014年7月からテレビのコメンテーターとしてテレビに出演されるようになりました。

芸能リポーター倉部 亨について

基本的には、芸能界スキャンダルを特集する芸能人に一番嫌われている能リポーターです。スキャンダルではないが、芸能リポーター倉部 亨に専門外の仕事をさせてしまうほどに大御所中の大御所が亡くなられたのです。

関連ニュース一覧

  • 社会に関する関西のニュース:「カジノ法案 副作用が大きすぎる 」

    「カジノ法案副作用が大きすぎる」について日本の経済成長の為の「カジノ法案」は間違っている。アメリカや韓国にカジノはありますが、それで経済効果が上がっているという声は聞きません。むしろマイナスになっていると聞いたことがあります。皮算用で何十万の雇用が出来るといわれても皮算用は当てになりません。机上の空論と同じです。日本のギャンブル依存者が世界的に...

  • エンタメに関する関西のニュース:じゃんけん大会、NMB渡辺美優紀がソロデビュー決定

    このニュースについてもう安芸の風物詩となってきているAKBプレゼンツ、じゃんけん大会。今年も日本武道館にて行われた。248名の中から頂点を決める。それもじゃんけん。たかがじゃんけんと思われるかもしれないが、そのじゃんけんによって選べるものには次のエースとしての称号が付与される。かつて選ばれた島崎遥香や松井珠理奈はその後の選抜にも影響している。そうした...

  • 社会に関する関西のニュース:「地域をつくる―新しい互助を考えよう」

    「地域をつくる―新しい互助を考えよう」について世界でもトップクラスの高齢化の国である日本に介護や福祉の支えの手として地域ぐるみの協力が脚光を浴びています。地域ぐるみの協力がなぜ脚光を浴びるようになったのか、介護施設が多く建設されているがそれにも増して高齢者の人口は増えています。それに対応する為に地域全体でのケアが介護施設の集合体のように考えてもら...

  • エンタメに関する関西のニュース:「芸能人の離婚」

    「芸能人の離婚」について芸能人は、なぜ簡単に結婚をして離婚をするのでしょうか。これは、お互いが1人でも普通に生活が出来る水準の給料を所持しているからだと思われます。2人でなくとも1人で生活が出来るので何の問題もないのだと思います。 「芸能人の離婚」について思うこと芸能人の全ての人が離婚をするわけではありませんが、離婚をしても何の問題もないと考えてい...

  • 社会に関する関西のニュース:「老老介護 家族を悲劇から救え」

    「老老介護家族を悲劇から救え」について二人は「老老介護」をしていました。これは誰もが聞きたくない事件がまた起きてしまったのです。七十歳の妻が七十九歳の夫の頭を何度も殴りつけて死亡させるという事件です。介護に疲れてした行動と妻は話しています。通常の人でも辛い介護の仕事を年寄りが年寄りの相手をするにも限界があります。今回の事件はまだまだ起きてしまい...

  • 社会に関する関西のニュース:新社会人の4月

    新社会人の4月について4月というのは社会に初めてでて会社に出勤をする新社会人がいます。純粋無垢で社会の流れなど全くわかっていない新社会人が試されるのがこの4月です。この4月の行動で今後の会社での行動が変化していくと言っても過言ではないかも知れません。何をするにしても初めてなので全てに対してフレッシュな感覚があると思います。誘惑と危険が多いのが4月だと...

  • 社会に関する関西のニュース:「女性管理職6.6% 異次元の対策が必要だ」

    「女性管理職6.6%異次元の対策が必要だ」について現首相の安倍晋三がいる政府が2020年までに達成するとしている女性管理職30%の目標に残すところ6年と迫っているにも関わらず企業に変化は見られない、というより後退している感じが否めない。各企業を調査して見たところ、「女性の社員じたいが少ないので対応出来ない」「女性は思った以上にやってくれているから今のま...

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (C) 関西のニュースサイト-モーニングKANSAI