エンタメに関する関西のニュース:「昭和の象徴する俳優が逝く」|関西のニュースサイト-モーニングKANSAI

HOME

関西のニュースサイト-モーニングKANSAI > エンタメ > エンタメに関する関西のニュース:「昭和の象徴する俳優が逝く」

エンタメに関するニュース

エンタメに関する関西のニュース:「昭和の象徴する俳優が逝く」

2014年12月03日 11時04分


「昭和の象徴する俳優が逝く」について

昭和の銀幕のスター2人が亡くなる。

「昭和の象徴する俳優が逝く」について思うこと

本当に驚きました。時代が平成に変わっても昔からの銀幕のスターの輝きは変わりませんでした。2014年が終わりに差し掛かった時に昭和の1つの星である銀幕の大スターが天に召されました。その18日後に、もう1つの銀幕の大スターが同じように天に召されました。

「昭和の象徴する俳優が逝く」について夕刊現代宮島 智則が語る。

トラックで一躍有名になったことで、デコトラは男が運転する最高の車という認識がされたのは30年も前の話です。映画が野中だけではなくて、現実の世界までを引き込んだ俳優が亡くなってしまったことは本当に悲しいことだと思います。

「昭和の象徴する俳優が逝く」について芸能リポーター倉部 亨が語る。

ただただ人間の男の憧れであった俳優が亡くなったことを悲しんでいる人は、多すぎると思います。ただの憧れで終わらずに俳優の真似をして料理人になったり、芸能界に入ったりと大きく変わられたことだと思います。自分の人生をも変えた俳優のことを素晴しい人だった過去の人にされるのは少し悲しい気がします。

夕刊現代宮島 智則について

09’に向島大学の准教授になりその時の功績が認められて2014年7月からテレビのコメンテーターとしてテレビに出演されるようになりました。

芸能リポーター倉部 亨について

基本的には、芸能界スキャンダルを特集する芸能人に一番嫌われている能リポーターです。スキャンダルではないが、芸能リポーター倉部 亨に専門外の仕事をさせてしまうほどに大御所中の大御所が亡くなられたのです。

関連ニュース一覧

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (C) 関西のニュースサイト-モーニングKANSAI