社会に関する関西のニュース:土木下建築業界|関西のニュースサイト-モーニングKANSAI

HOME

関西のニュースサイト-モーニングKANSAI > 社会 > 社会に関する関西のニュース:土木下建築業界

社会に関するニュース

社会に関する関西のニュース:土木下建築業界

2014年10月23日 18時28分


土木下建築業界について

平成に入る前の昭和の90年代には、まだ土木関係の仕事を「力仕事」といって週末だけ働く若者が多く存在していました。その若者が30代になる頃の新しい20代には力仕事という言葉は無くなっていました。少量の雨の日であれば濡れながら作業をしていた若者の姿を今は見ることが出来なくなってしまいました。

土木下建築業界について思うこと

2012年に今までの日本の首都の象徴であった東京タワーが姿を東京スカイツリーに変えました。これを建築するにも様々な人が関わっています。基盤からしっかりと作ってきた人達は土木建築業を熟知している人達なのです。物を作り出す達人と呼ばれる人と同じ存在である作り手が今の日本にはあまりにも少なすぎると思います。

土木下建築業界の今後の課題

若手の人をどうすれば土木建築業界に呼び込めるかが問題になると思います。1級建築士等の高いレベルの人も勿論なのですが、その人の下で働く人をどうすれば集まるのか、その人達がどうすれば集まってくれるのかを知らなければいけないと思います。

土木下建築業界について専門家、橋望 一雄が語る。

今の若者は、力仕事ではない飲食業界でも少ないと聞いています。少子化の問題はありますがそれだけが問題ではないと思います。今の親が教育間違ったとは言えませんが過保護すぎる教育をしているのではないかと考えます。

土木下建築業界についてコメンテーター守田 賢吾が語る。

橋望さんが言われたように、飲食業でも日本人ではなく外国人のアルバイト生を良く見ます。私は、日本の未来が心配になります。

関連ニュース一覧

  • 社会に関する関西のニュース:「カジノ法案 副作用が大きすぎる 」

    「カジノ法案副作用が大きすぎる」について日本の経済成長の為の「カジノ法案」は間違っている。アメリカや韓国にカジノはありますが、それで経済効果が上がっているという声は聞きません。むしろマイナスになっていると聞いたことがあります。皮算用で何十万の雇用が出来るといわれても皮算用は当てになりません。机上の空論と同じです。日本のギャンブル依存者が世界的に...

  • 社会に関する関西のニュース:「高校「近現代史」 興味ひく教科書と指導を」

    「高校「近現代史」興味ひく教科書と指導を」について日本の歴史は、幕末以降からのことを多くは教えられてきていません。戦時中ということもあり、今問題になっている領土の問題も関わってくるので政府は避けていたのかも知れませんが6年後に日本では2回目となる東京五輪が開催されるのでそれまでにはと新教材の実施を目指しています。「高校「近現代史」興味ひく教科書と...

  • 社会に関する関西のニュース:「女性管理職6.6% 異次元の対策が必要だ」

    「女性管理職6.6%異次元の対策が必要だ」について現首相の安倍晋三がいる政府が2020年までに達成するとしている女性管理職30%の目標に残すところ6年と迫っているにも関わらず企業に変化は見られない、というより後退している感じが否めない。各企業を調査して見たところ、「女性の社員じたいが少ないので対応出来ない」「女性は思った以上にやってくれているから今のま...

  • エンタメに関する関西のニュース:「昭和の象徴する俳優が逝く」

    「昭和の象徴する俳優が逝く」について昭和の銀幕のスター2人が亡くなる。「昭和の象徴する俳優が逝く」について思うこと本当に驚きました。時代が平成に変わっても昔からの銀幕のスターの輝きは変わりませんでした。2014年が終わりに差し掛かった時に昭和の1つの星である銀幕の大スターが天に召されました。その18日後に、もう1つの銀幕の大スターが同じように天に召されま...

  • 社会に関する関西のニュース:「成人になった日」

    「成人になった日」について以前まで、1月15日と決められていましたが、2000年から1月の第2月曜日ということになりました。成人式がある日が成人になったという日ですが、それは国が決めた事であって何でもしていいということにはならない。勘違いをしたまま成人していることに関してその良し悪しを今の大人がとやかく言うことは出来ないと思います。 「成人になった日」に...

  • 社会に関する関西のニュース:「地域をつくる―新しい互助を考えよう」

    「地域をつくる―新しい互助を考えよう」について世界でもトップクラスの高齢化の国である日本に介護や福祉の支えの手として地域ぐるみの協力が脚光を浴びています。地域ぐるみの協力がなぜ脚光を浴びるようになったのか、介護施設が多く建設されているがそれにも増して高齢者の人口は増えています。それに対応する為に地域全体でのケアが介護施設の集合体のように考えてもら...

  • 社会に関する関西のニュース:新社会人の4月

    新社会人の4月について4月というのは社会に初めてでて会社に出勤をする新社会人がいます。純粋無垢で社会の流れなど全くわかっていない新社会人が試されるのがこの4月です。この4月の行動で今後の会社での行動が変化していくと言っても過言ではないかも知れません。何をするにしても初めてなので全てに対してフレッシュな感覚があると思います。誘惑と危険が多いのが4月だと...

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (C) 関西のニュースサイト-モーニングKANSAI