関西発、国際ニュース:「母国を愛さない」|関西のニュースサイト-モーニングKANSAI

HOME

関西のニュースサイト-モーニングKANSAI > 国際 > 関西発、国際ニュース:「母国を愛さない」

国際に関するニュース

url

関西発、国際ニュース:「母国を愛さない」

2015年06月02日 10時24分


「母国を愛さない」について

これは、日本に来ている人を見れば良く分かることです。自分が生まれた国に興味が無くなっている分けではないと思いますが、日本に依存している人が徐々に多くなっているように感じています。海外から来る多くの観光客は、来日する前から多くの事を調べて来ているのです。最初は興味だけだと徐々に日本と自国を比較して日本を選んでしまうのでしょう。

 

「母国を愛さない」について思うこと

昨今のニュースを見れば「母国を愛さない」ではなくて他国を愛しているというように思えます。それほどまでに自分が生まれた国を愛することが出来ないのでしょうか。

 

「母国を愛さない」について専門家「藤村丈」が語る。

グローバル社会いうことで日本に来る外国人は年々多くなっています。その中で日本を愛して自国を愛さないというのは、少しどうかと思います。ですが、その事をあまり大きな声では言えません。何故ならば逆に日本の若者もそうだからです。日本には全く興味を持っていないのに海外には高度な関心を持っている現状が否めません。

 

「母国を愛さない」についてコメンテーター「田川堅持」が語る。

これは、既にどうしようもないことだと思います。もともと親が自分の子どもに自国を愛するように教育をしていないのではないでしょうか。日本もしかりですが海外も今は同じ傾向にあるのかも知れません。でも、ここで母国を愛して止まないといえる国があることも紹介したいと思います。それは部族が住んでいる国です。

関連ニュース一覧

  • url

    関西発、国際ニュース:「ロシアは危機打開へ行動を 」

    「ロシアは危機打開へ行動を」について終わりを見せなかった泥沼の戦場と化していたウクライナに光明の光が射しました。プーチン大統領とウクライナのポロシェンコ大統領がベラルーシで会談しました。荒れに荒れた内戦の状態にようやく停戦協議が再開されることになりました。毎年お盆休みはロシアのプーチン大統領が全世界にご自分の姿を公に見せていたが今年のお盆は違い...

  • 176738686_624

    社会に関する関西のニュース:「公務員給与上げ 世代や地域でメリハリが要る」

    「公務員給与上げ世代や地域でメリハリが要る」について公務員の給料が全国的に引き上げられていることが、今年の7月にわかった。これに対し、国は「震災復興から時間が経過したため、そろそろ給料を上げてもいいのではないかと思ったため、引き上げを行った。」と解説している。以前の消費増税の際にもそういうことがあり問題となった過去に起きた事を忘れて引き上げに挑む...

  • 10514

    政治に関する関西のニュース:ロシアの大統領

    ロシアの大統領について2015年の今の段階で、世界で一番メジャーなニュースといえばロシアの大統領であるプーチン大統領の反対派の人達のいくつもの暗殺事件です。先日も野党政治家のボリス・ネムツォフさんが殺害されました。 ロシアの大統領について思うこと世界の2大大国アメリカとロシア(旧ソビエト連邦)の大統領は通常の国民が考えているよりも多くのことを深く広く考...

  • images

    社会に関する関西のニュース:「成人になった日」

    「成人になった日」について以前まで、1月15日と決められていましたが、2000年から1月の第2月曜日ということになりました。成人式がある日が成人になったという日ですが、それは国が決めた事であって何でもしていいということにはならない。勘違いをしたまま成人していることに関してその良し悪しを今の大人がとやかく言うことは出来ないと思います。 「成人になった日」に...

  • url

    関西発、国際ニュース:「米軍イラク空爆 オバマ大統領の苦渋の決断だ」

    「米軍イラク空爆オバマ大統領の苦渋の決断だ」について2011年に長きに渡り軍事介入していたイラクから米軍が撤退した。この時を待っていたと言わんばかにイスラム過激派が動き出したことにより今の状態になりました。人るの民族の考えが国1つの考えとなってしまっているので、戦争を起こしたくなくても武力を持って制圧しなければよりひどい状態になると考えての行動だと思...

  • Equipes_usam_técnicas_de_combate_à_dengue_em_Brasília

    関西発、国際ニュース:「エボラ出血熱 国際連携で拡大を食い止めよ」

    「エボラ出血熱国際連携で拡大を食い止めよ」について今年の2月に二ギアから広がったエボラ出血熱が猛威を振るっている。1976年に最初の感染患者が発見されてからは世界で最大級の1000人に近づく勢いである。世界保健機関(WHO)は空港などの衛生面をさらに強化し徹底させることでこれ以上の拡大を防いでいると報道で知りました。「エボラ出血熱国際連携で拡大を食い止めよ」...

  • images

    政治に関する関西のニュース:「大義ある選挙」

    「大義ある選挙」について大義ある選挙というのはある問題が争点となり国民の意見を聞くために選挙を行う事を意味する。そんな中先日、安部総理は衆議院の解散を行った。解散にあたりマスコミ各社が「大義なし」というが、本当に選挙に「大義」と言うもの必要なのだろうか。大義とは時それぞれによって変わってくるものではないだろうか。「大義ある選挙」について思うこと...

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (C) 関西のニュースサイト-モーニングKANSAI