社会に関する関西のニュース:牛丼チェーン「すき家」|関西のニュースサイト-モーニングKANSAI

HOME

関西のニュースサイト-モーニングKANSAI > 働く > 社会に関する関西のニュース:牛丼チェーン「すき家」

働くに関するニュース

社会に関する関西のニュース:牛丼チェーン「すき家」

2014年08月30日 13時09分


牛丼チェーン「すき家」について

牛丼チェーン「すき家」は、季節ごとに新商品を取り入れている会社で1年間を通してバラエティ豊かな牛丼をお客様に提供している会社です。今は、スマートフォンに毎週金曜日のお昼前に配信されるアプリを利用すれば30円程牛丼が安くなります。お財布にも優しいのでサラリーにも今の時代にも適した牛丼チェーン店だと思います。

牛丼チェーン「すき家」について思うこと

本当にお客様の事を考えて営業されているのだと思います。時期や季節によって出した新商品も一定期間が過ぎれば無くなります。普通はそれで終わりなのですが、すき家の場合は、一定の期間で人気の商品の売り上げを計算してか上位の商品をまた特別メニューで出してくれるのです。お客様の事を考えた販売営業をしていると思っています。

牛丼チェーン「すき家」の今後の課題

他の飲食店でも、働く労働者の過度の重労働が問題視されています。24時間体制ができた当初は良かったと思いましたが、今になってツケが回ってきたのだと思います。お客様の事を考えて営業をしているのは良いですが、もう少し働いている従業員の事を考えて経営をしないと、営業停止の店などが出てくるかも知れません。

牛丼チェーン「すき家」についてコメンテーターナカヤマが語る。

私が見た店の感想ですが、従業員の統一性がありませんね。例えば、マクドナルドのように従業員にしっかりと教育をしているので日本のどこのマクドナルドへ行っても何時に行っても「行って良かった」という安心感があります。ですが、すき家は繁忙時間以外や、駅に近くない店では従業員の態度は良くはありません。非常に残念です。

関連ニュース一覧

  • 企画製造アメニティ 神郡について

    アメニティ神郡について神郡は、2003年に創立しました。元もとアメニティ関連の仕事をしていた鴻山怜美氏が女性の為の職場を広く世に広げていきたいという思いから全社員女性で構成された会社です。企画製造の特徴販売する商品や製品の元を形成していくことがメインの仕事になります。特徴としては、他社から出ている物を参考に自社独自の製品を製造していく元を発案してい...

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (C) 関西のニュースサイト-モーニングKANSAI